マッサージをしながら塗りこんでいく

マッサージをしながら塗りこんでいく

オールインワンゲルは手間を掛けずに1本ですべての基礎化粧品の効果があるところが魅力なのですが、効果を上げるためには成分をしっかり浸透させなければいけません。成分を浸透させるためにはマッサージをしながら塗りこむことが必要です。

 

オールインワンゲルはつけるだけでは浸透していかないの?

毎日忙しい40代は疲れが溜まっていますし、冷え性の方などは血行が悪い状態です。疲れがあって血行が悪ければ、肌は硬くこわばります。硬くこわばった肌にオールインワンゲルを塗っても、せっかくのオールインワンゲルの成分が肌の奥まで届くことはありません。

 

オールインワンゲルの成分を肌の奥まで届かせるためには、まずは肌が成分を吸収することが出来るように、こわばりを取って柔らかくしてあげなければいけません。

オールインワンゲルを塗りこむ時は力を入れればいい?

オールインワンゲルを塗ってもなかなか成分が入っていかずにいつまでもベタベタしていると、焦ってしまってグイグイ力を入れて塗りこみたくなります。しかし、それは肌にとって非常に危険なことです。

 

40代以降の肌は若い頃よりも敏感で弱くなっていますから、ぐいぐい塗りこむことが刺激となってしまい、オールインワンゲルの成分が入るよりも擦れた刺激で肌トラブルを起こしてしまいます。

 

べたついたままではファンデーションなどもつけられないためつい力を入れて塗りたくなるのですが、大事な肌を守るためにそれは我慢してください。

オールインワンゲルの効果を上げる上手なマッサージ方法とは?

オールインワンゲルでマッサージするときには、次の点を心掛けるのがポイントです。

顎の下から耳の付け根に向かって滑らせていく

顎の下から耳の付け根にはリンパが通っていますから、オールインワンゲルを使って軽くマッサージをすることで小顔効果があります。顎の下から耳の付け根に向かって肌を持ち上げるように優しく指を滑らせていけば、たるんでいた肌もたるみがなくなってすっきりします。

頬に円を描くように塗りこんでいく

頬がたるんできますと、40代以降で悩んでいる方が多いほうれい線ができてしまいます。ほうれい線があるだけで年齢を感じさせてしまいますから、頬の脂肪を持ち上げるように軽く円を書くようにしてオールインワンゲルを塗りこんでいきましょう。

 

このようなマッサージを続ければ、硬くて血行が悪かった肌も血行が良くなりますし、閉じていた毛穴も開いてきますからオールインワンゲルの成分が肌の奥まで浸透します。肌の表面に美容成分が届いただけではオールインワンゲルの効果が十分に発揮されません。

 

美容成分たっぷりのオールインワンゲルの効果を十分に吸収できるよう、毎日少しの時間でいいですからオールインワンゲルを塗りながらマッサージをする時間を取ってください。

オールインワンゲルおすすめランキングトップへ




関連ページ

手を温めてから塗るようにする
女性で冷え性に悩んでいる方は多いですが、冷え性の方は冬だけでなく夏でも手が冷たいことが多いです。オールインワンゲルだけではないですが基礎化粧品は手を使って塗りこんでいきます。冷たい指で塗りこむのではなく、冷え性の方はまず手を温めるところから始めることがおすすめです。
シワが気になる部分には重ねづけする
若いころにはなかったシワに気がついて人はアンチエイジング対策を始めます。シワが気になってきたのは40代からという方は多いです。オールインワンゲルは時短メイクを可能にする手間が省ける基礎化粧品なのですが、シワの気になる部分に重ねづけすれば、深かったシワもだんだんと目立たなくなってきます。