保湿効果の高いコラーゲンは肌だけでな他の部分にも必要な成分です

保湿効果の高いコラーゲンは肌だけでな他の部分にも必要な成分です

コラーゲンはもともと人の肌の中にある成分の一つです。体の中にあるタンパク質の3分の1はコラーゲンで出来ており、肌だけでなく骨や髪の毛など他の部分にも必要な成分です。年齢とともにコラーゲンは失われてしまいますから、アンチエイジングのためにはオールインワンゲルの中にコラーゲンが入っていることが望ましいです。

 

保湿効果の高いコラーゲンは肌だけでな他の部分にも必要な成分です

肌にコラーゲンが必要な理由とは?

オールインワンゲルにコラーゲンが入っていてほしい理由は主に保湿のためです。保湿成分はコラーゲンの他にもいくつかの種類があるのですが、その中でもコラーゲンは肌をべたつかせること無くしっかり保湿をして肌の乾燥を防ぎます。人は年齢とともに肌が乾燥しがちになりますから、コラーゲンを補充して肌の潤いを守ることが必要です。

コラーゲンが入ったオールインワンゲルの上手な使い方は?

40代になりますと肌のシワやタルミが気になる方が増えてきますが、コラーゲンは肌の奥から支えて肌を守る成分ですから、肌の内側からシワやタルミに働きかけます。

 

よりコラーゲンが肌に浸透させるようにするためには、オールインワンゲルを1週間に1度ぐらいを目安に通常使用している倍ぐらいの量を肌にのせてパックとして使いましょう。

 

肌に優しくオールインワンゲルを乗せてしばらく置けば、肌の奥までコラーゲンが浸透していきますから、肌をふっくらとさせてシワやタルミに働きかけますよ。肌のかさつきが最近気になっているという方、またしわやたるみが気になっているという方は、是非お試しください。

コラーゲンをより肌に浸透させるためにはオールインワンゲルを付ける前に肌を温めよう

コラーゲンは肌の奥まで浸透してこそ効果を発揮するものですから、肌の表面だけしか届かないようでは効果が発揮されません。年齢を重ねると段々と肌は硬くなってオールインワンゲルの成分も浸透しにくくなっていますから、より肌の奥まで浸透させるためには肌を温めてからオールインワンゲルをつけるようにしてください。

 

蒸しタオルを作って肌の上に乗せて少しの間置けば、角質層が柔らかくなりますからオールインワンゲルの成分が肌の奥まで吸収されやすくなります。

 

オールインワンゲルを付ける前の一手間で効果が変わってきますから、肌が冷えて縮こまってしまう冬の時期は特に、まずは蒸しタオルを肌に当てて十分に肌を温めてからオールインワンゲルをつけて肌の奥までしっかりコラーゲンを浸透させましょう。

オールインワンゲルおすすめランキングトップへ




関連ページ

水分を蓄えるヒアルロン酸
肌は年齢とともに水分を失っていきますが、いくら外から水分を補充したとしても水分を保持することが出来なければ肌は乾燥したままです。肌の水分を守る成分の中でオールインワンゲルに入っていてほしいものの一つがヒアルロン酸です。肌の潤いを保つためにはオールインワンゲルを選ぶときにヒアルロン酸が入っているかどうか、注目してください。
新しい肌を作るアミノ酸
年齢とともに美肌を維持するために必要な成分はどんどん失われますから、体が新しく美肌成分を作れるようにするために効果的なものがアミノ酸です。アミノ酸は食べ物からも摂取することができますが、オールインワンゲルを選ぶときには成分の中にアミノ酸が入っているものを選ぶとアンチエイジング効果を期待できます。
アンチエイジング効果が高いビタミンC
若い頃は自分のことだけに時間をかけることができましたが、40代になって肌の老化が目立ってきたのに忙しくて気が付かない方も多いです。久しぶりに鏡を見たら老化が進んでいてびっくりするという方もいらっしゃいます。肌が元気をなくしているとより老けた印象を人に持たれてしまいますから、オールインワンゲルを選ぶときはエイジング効果が高いビタミンCに注目してください。
肌に良くない添加物は入っていないか確認
オールインワンゲルを選ぶときは肌の調子を整えたり美肌を維持することが出来る美容成分が入っているかどうかをチェックすることも必要ですが、肌に悪い成分が入っていないかを調べることも大切です。いくら肌に良い成分が入っていたとしても添加物が入っているオールインワンゲルは選ばないようにしてください。