冬の選び方は?

冬の選び方は?

寒い冬の季節は外の出る機会が少なくなり、多くの時間を屋内で過ごすことになります。そうなる時になるのは乾燥です。40代以降の肌は水分量も少ない上に冬の乾燥した空気にあたっていると、肌はカサカサになって化粧ノリも悪くなります。

 

化粧ノリが悪くなったからといって厚塗りをすると肌の調子が更に悪くなるだけですから、オールインワンゲルを使ってしっかりと肌を守らなければいけません。

 

冬場の暖房は肌の調子を悪くする

冬は寒いために一日中暖房をつけていることも多いのですが、暖房のつけっぱなしは肌に良くありません。暖房をつけておくことでただでさえ乾燥しがちな空気が、さらに乾燥してしまいます。乾燥した空気に肌をさらしていると、肌から必要な成分まで取られてしまいますので、肌はカサつきトラブルを起こすもととなります。

 

冬になると血行が悪くなる

20代までは肌の血行が良いために、季節によって血行が悪くなることを気に留めることはありませんでした。しかし、ちょっとした刺激にも弱い40代以降の肌は冬の寒さで血管を萎縮させてしまい、血行が悪くなります。

 

血行が悪くなった肌は上手に生まれ変わることができません。加齢が原因で血行が悪くなっている40代の肌は、冬場の乾燥でさらに血行が悪くなり生まれ変わりが進みません。その結果、肌はシミ等ができやすくなっただけでなく、シワやたるみが進んで老化現象が起きてしまいます。

 

オールインワンゲルを使うと冬場の肌も乗りきれる?

オールインワンゲルは保湿力が高い化粧品ですから、暖房や日常生活をする中で減ってしまった水分を補充することができます。水分が補充されれば肌荒れを起こすこともありませんし化粧ノリが悪くなることもありませんから、冬場の肌には負担がかかることなく、問題はありません。

 

40代以降の肌は空気の冷たさによる影響を受けやすく非常に敏感になっているのですが、オールインワンゲルを正しく使い続けているならば問題ではありません。冬場の血行が悪くなった肌も、オールインワンゲルを塗って肌を優しくマッサージすれば段々と血行が戻ってきて、肌も生まれ変わることができます。

 

冬場に肌の調子を崩してしまうと、せっかく暖かい春が来ても肌の調子が元に戻ることは難しくなります。立ち直りに時間のかかる40代ならばなおさらです。

 

40代は20代、30代よりもさらに肌の調子が戻るために時間がかかりますからら、シミやくすみの予防、そして肌の常態を安定させて潤いを与えてくれるオールインワンゲルは非常に効果が高いです。

オールインワンゲルおすすめランキングトップへ




関連ページ

春の選び方は?
暖かくなって過ごしやすくなったことでお手入れも油断しがちな春ですが、オールインワンゲルならば時間もかからずお手入れできますからししっかりお手入れを続けていきましょう。
夏の選び方は?
夏は肌にとっては過酷な時期なのですが、暑いからと適当にお手入れをしていると肌の調子は悪くなるばかりです。面倒だからと手抜きをすることなく、オールインワンゲルを使ってしっかりお手入れを続けるべき時です。
秋の選び方は?
秋は涼しく過ごしやすい季節です。しかし、ここで基礎化粧品を使ってのお手入れに手を抜いていると、肌は冬を無事に越えることができません。オールインワンゲルを使って丁寧にお手入れをする必要があります。