戸袋勝行の沖縄レポート

楽天のキャンプが沖縄で行われるようになり、仙台と沖縄がとっても近くなった、その沖縄から、とっておきの情報を皆さんへお届けします。

最近の記事

最近のコメント

PHOTO

その後の山元町を訪ねてみた

その後の山元町を訪ねてみた

仙台でボランティアとして国際交流のお手伝い、

仙台でボランティアとして国際交流のお手伝い、

宮城県の牡蠣(カキ)、実は沖縄ら来たのです。知っていましたか

宮城県の牡蠣(カキ)、実は沖縄ら来たのです。知っていましたか

検索

2016年05月27日(金)

長い旅、大分県 宮城県、東京、 [open]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

竹田市震災支援ベースキャンプにて

ようやく沖縄に戻った。
熊本地震の支援、現在でも約9000人がテントや施設で生活をしている。仙台市との姉妹都市の大分県、竹田市に入った。滝廉太郎が幼児期に生活をしていた町だ。仙台との姉妹都市は滝廉太郎が縁で結ばれている。揺れは大きかったが瓦が落ちたくらいで市内の被害は最小限で留まった。しかし、隣の町の南阿蘇村が大きな被災を受けたので、竹田市に震災支援ベースキャンプを設け、ここからボランティアを派遣し、震災支援を行っていると言う。地震は、家がそのまま倒れた状態が多く、これから被災された家々の片づけ、そして再建、長い、時間が掛かりそうだ。東日本大震災を思い出した。ベースキャンプは竹田市の社会福祉協議会が運営していた。多くのボランティアが来てくれることを願って、次の被災地、由布院に行き、一泊した。風評で由布院温泉も危ないと殆ど観光客がいない、由布院は安全です。ぜひ訪問してください、

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

会議で東日本大震災のお話をした

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

がんばれ熊本し合言葉に、頑張っていました

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

遠くに由布岳 きれいな温泉地だ

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

由布町は閑散としていた。早く元に戻ることを願って

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大分と言えば鶏肉、親子丼を昼食に、おいしかった


Posted by okinawa21 at 16時08分

2016年05月12日(木)

なかなか来ない沖縄の梅雨 熊本地震 [open]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

朝日がまぶしい

 平年は5月の連休明けから入梅が始まりますが、本日も雨なし、当分続くようだ.空梅雨かと言うと、そうでもなさそう。気温27度、湿度72%、それでも革製品や、汚れが付いた衣服にカビが生えてきます。
熊本に地震があったので改めて東日本大震災を検証した。昨日11日は東日本大震災から5年2カ月、改めて宮城県の28年2月29日の復興状況を見てみると震災時、宮城県発表、死者10,551人 全壊住宅 82,999軒だった。
現在は、プレハブ仮設住宅、10,862戸、23,132人が引き続きお住まいだ。借上住宅も入れると44,141人の皆さんが、5年たっても仮設住宅や借上住宅にお住まいです。その他、宮城県を離れた全国被災者は5,815名とあります。沖縄県にも宮城県からの被災者は120名もおります。
宮城県でも災害復興住宅が整備されておりますが、予定では15,917戸を計画、現在55.4%の進捗率です。予定の半分です。未だ約5万人の皆さんが、家に戻れず困っているのです。
熊本で地震がありました。多くの住宅が失われました。こらから仮設住宅の建設が始まります。東日本大震災からの教訓、洗濯物を乾かせるコインランドリーを集会場に、大きなキッチンを、これらはコミュニティ作りに必ず役立つ。自転車置き場、作れない場合は軒下を長くする。せめて、このくらいは設計者は考えて頂きたい、長い、長い生活が始まります。宮城県でも5年で計画の半分、熊本県の場合、住宅復興には、5年は見た方がよい、これ以内に戻れる計画をお願いしたい、今週末は熊本県、大分県に行きます。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

震災の思い出

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

野蒜の住宅

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

バスが屋上に

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

陸に流されて

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

洗濯物の干場がほしい


Posted by okinawa21 at 17時21分

2016年05月05日(木)

沖縄の子供の日 [新鮮沖縄]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

30メートルもある巨大こいのぼり、くじらぐらいあるかな・・

前回紹介した「こいのぼり」巨大なこいのぼりは30メートルもある。青空高く、今日も、泳いでます。こいのぼりは、江戸時代から続くとある。屋根より高い鯉のぼりの「こいのぼり」の歌も子供たちは歌います。この唱歌、60年も作者不詳だったが1993年、近藤富子(当時86才)の作品と分かった。「チューリップ」も近藤様の作品です。
人口の増える沖縄県は、子供は宝物、私の居る那覇市、この時期、中国からきたと言われる「那覇ハーリー」(32名乗りのボートでの競争)でにぎわいます。往復約600メートルのレース。沖縄と言えば、やはり、白い浜辺、そして青い海です。5月3日〜5日の3日間で開催、中学生の部、一般参加の部、最終部は団体戦、アメリカ軍の兵士の皆さんも、沖縄県民に混ざってボートの競争を楽しみます。会場は那覇新港、屋台も出て、夜は花火と、子供から大人まで、市民の楽しみの行事になっております。本格的に夏が来たな・・と感じます。
気温は27度、湿度70%、風も少しあり気持ち良い天気、しかし、連休が終わると、いよいよ一足早い、梅雨入りになります。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

これがハーリー

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

勝ち抜き戦で行われる

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

アメリカチーム

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

那覇チーム(日本)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

看板がスゴーイ、沖縄屋台


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

夏は花火、仙台の花火を思い出します


Posted by okinawa21 at 10時56分

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ



インフォルートPickUp













更新インフォメーション




 
Copyright (C) 2006 inforoot All rights reserved.